病んでる子はナンバーワンになるのは難しい

風俗店で働いている子って、結構精神的に病んでる子が多いのです。

そしてどんな女の子がナンバーワンになっているかというと、精神的に病まない子なんですよね。

ナンバーワンだから病まないのではなく、病まないからナンバーワンになれるのです。

ナンバーワンになってる子は風俗1本で頑張ってる子も多いですが、ナンバーワンの子全員が元々風俗1本でやっていたというわけではないのです。

風俗と他のバイトを掛け持ちしたりとか、学業と風俗を両立していたりとかです。

ナンバーワンになりたいならまずは精神的に病まないことが大事です。

病んでる子というのは自分のことだけでいっぱいいっぱいになってしまうから、自分のことだって大変なのにお客さんの面倒が見れるわけないのです。

病みやすい子というのは、風俗1本だけでやっている子が多いとある現役女子大生の風俗嬢が言っていました。

その子は大学生活を楽しみながら風俗も楽しんでるので、大学のストレスは風俗で、風俗のストレスは学校で発散させることが出来ているのです。

まずナンバーワンになりたいと思っているのであれば、風俗だけでは駄目です。

そうなると風俗のばかり考えてしまうので、他の仕事も掛け持ちしたりすることで悩みを緩和させることが出来ると思います。

人気のある子は「また来てね」と言わない

本指名のお客さんをいっぱい持っている風俗嬢というのは、テクニックだけではなく接客の仕方も良いのです。

旅館に例えてもそれは言えることです。

ロケーションが良く素敵な温泉があっても接客の仕方がごく普通のマニュアルに沿ったような対応だったら来なくても良いと思うかも知れませんが、細かく行き届いた接客をして貰うことでまた宿泊したくなったりしますよね。

人気のある風俗嬢が、意外にもお客さんにしていないことがあるのです。

それは「また来てね」と言わないということです。

普通の風俗嬢だったらお客さんにまた来て欲しいと思うのが当たり前です。

その為「また来てね」というのは自然に出る言葉でもあると思うのです。

所が、人気のある子は言わない子が多いです。

「また来てね」とお願いをすることにより、強制的に来て欲しいということをアピールしているようでお客さんが逆に引いてしまうのではないかと考えているからです。

此処まで考えている風俗嬢には脱帽するばかりです。

「また来てね」と言わないのは風俗嬢が会いたくないからではなく、お客さんに対しての気遣いだったのです。

「来て」という言葉も使うよりも「楽しかったよ」「ありがとう」という言葉を使って別れた方がお客さんも喜びます。

機会があれば自分のお店のナンバーワンの子に「まて来てね」と言ってるかどうか聞いてみては如何でしょうか。

人気になる為には敬語を使うとポイント高い

人気の風俗嬢になるにあたり大切なことは接客です。

意外にも重用な鍵になるのは女の子の言葉遣いです。

お客さんによって女の子にこんな言葉遣いをして欲しいというのは違います。

堅苦しいのが苦手でフレンドリーな対応を求めているお客さんはタメ口で話してくれた方が嬉しいと思ったりするものですが、敬語で話す人は指名を取りやすいとも聞きます。

お客さんだけではなくスタッフに敬語を使うことも大切です。

その方が生意気ではない為スタッフもフリーのお客を付けてあげたいと思ってくれます。

一番良いのは敬語なんだけど堅苦しくなくフレンドリーな感じです。

敬語だと恋人っぽさは感じられないかも知れませんが、男性には結構ウケが良いみたいです。

最初からタメ口ですと、非常識というか遊んでいるというイメージが出てしまうこともあります。

敬語で礼儀正しい女の子がこんなエッチなことをしている…という方が男性は興奮します。

風俗を利用するお客さんでよくいるには、女の子に卑猥な言葉を無理矢理言わせようとする人です。

風俗で働いている歴が長い人なら経験してるかも知れません。

タメ口な子が卑猥な言葉を言うよりも、普段敬語の子が言った方がお客さんは喜びます。

人気になる為には礼儀というのは大事ということです。

ナンバーワンの子はお客さんが大好き

風俗で遊ぶお客さんというのはエッチしたいという気持ちがあるのは勿論なのですが、それ以上に女の子に好かれたいと思っているお客さんが多いのです。

嫌いでもいいからエッチしてくれなんて人は誰もいません。

お客さんは風俗嬢に嫌われるのは嫌なのです。

風俗嬢側からすると、お客さんに好かれて沢山本指名を取りたいと思うものですが、本指名を取る為に大事なことはお客さんに好かれるのは勿論のこと、お客さんを好きになることも大事なのです。

ナンバーワン風俗嬢というのはお客さんに好かれているように見えますが、実はナンバーワンの子自信もお客さんのことを好きであることが多いのです。

お客さんが好きだから絶対に手を抜いたプレイはしません。

時間ギリギリまでお客さんの要望に応えてあげます。

そうするとお客さんはどんどん喜んでくれます。

風俗嬢の中には嫌いなお客に手抜きをしてしまう人もいます。

ですが、ナンバーワンの子はお客さんが好きという気持ちを伝える為に絶対に手を抜きません。

そういう子にはどんどん指名が増えていくのです。

逆にお客さんによって手を抜いたり最後まで手を抜かなかったりしているような子ですとナンバーワンになるどころか順位はどんどん下がって行きます。

ナンバーワンになりたいならお店選びも気を付けて

ナンバーワンの風俗嬢になってみたいという方へ。

もしあなたがナンバーワンの風俗嬢になりたいと思っているのであれば、働く時のお店選びも重要になって来るかと思います。

全体的にレベルの高い子の多いお店でナンバーワンになるのはかなりハードルが高いと思います。

あなたがナンバーワンになる為に見た目やテクニック・トークなどを磨いても、他の子も向上心のある子ばかりですから自分の技術を磨いても相手の子もレベルアップするので追いつくのが困難です。

もしナンバーワンになりたいのであれば、自分の現在のレベルよりもランクの低いお店を選ぶと良いでしょう。

例えば、繁盛しているお店ですとナンバーワンになるのが難しかったりしますが、儲かっていない店であれば努力すれば簡単にナンバーワンになれたりします。

儲かってない店というのは何かしら理由があるのです。

女の子の質が悪い、質が値段に見合ってないなどなど…。

人気のない店で働くというのはあまりお勧めは出来ないのですが、あくまでもナンバーワンの嬢になった気分を体験してみたいという方には良いかも知れません。

在籍人数の少ないお店、まだ開業して間もないお店。

このようなお店でもナンバーワンになれるチャンスは高いでしょう。

お客さん好みの下着を身に着けると楽しまれる

自分の人気をアップさせたい場合、容姿が良いだけでは人気嬢になるのは難しいです。

ナンバーワン、ナンバー2の風俗嬢達は接客が良いです。

ただ接客するのではなく、お客さんによって接客を変えているのです。

他の風俗嬢に差を付ける為の良い方法をお教えします。

ポイントは下着です。

あなたはいつも仕事の時にどんな下着を身に着けていますでしょうか?
きっとサテンの下着やセクシー下着という方が多いのではないでしょうか。

お客さんを喜ばせる為にはお客さんの好みの下着を身に着けてあげることも大事です。

ブラックやパープルなどの下着はエロさがあり大人の魅力が出る色でもあるのでセクシーさをアピールするのにはもって濃いです。

大人のセクシーさを求めてるお客さんには良いですが、男性が好きな女性の下着の色第一位はいつの時代もホワイトです。

白い下着は純粋で清楚な清潔感を感じます。

純情な乙女を犯したい願望のあるお客さんも多いです。

白は高確率で喜ばれます。

また、明らかに童貞っぽいお客さんが来店されることもあります。

こういうお客さんはセクシーな感じの物より綿素材などのごく普通の下着が好きであることが多いのです。

女性経験がないから普通の下着というものに魅力を感じているのです。

お客さんを大切にしボーイさんも信頼関係をまず築くこと

お客さんが写真を見て女の子を指名する割合。

これって決して多いとは言えないのです。

お店などにもよるかも知れませんが意外だと思うでしょう。

写真を見て指名をすると、殆どのお店では指名料を支払うシステムとなっています。

指名料を支払うシステムは美容院や整体なんかでも使われていますよね。

風俗で遊ぶというのはただでさえ高い料金が取られるわけです。

1000円でもお客さんとしては削れる所は削りたいのです。

なので見た目が悪いせいで指名が取れないのではないかということは悩まなくても良いでしょう。

ナンバーワンへの道は指名客を取ることを考えるよりも、お客さん一人一人を大切に扱いましょう。

丁寧なおもてなしの心を見せて優しくしてあげる。

お客さんが笑顔で帰ってくれるような接客を目指すのです。

お客さんに丁寧に接客することも大事ですが、店のボーイさんと信頼関係を築くことも大事なポイントです。

ボーイさんと信頼関係が出来ると、フリーのお客さんを沢山付けて貰えます。

もし指名がないのにフリーのお客さんも付けて貰えないということは、ボーイさんとの関係がまだ不十分だと考えられます。

来るお客さんを大事にしてあげることで、徐々に人気も出てくるはずです。

お客さんに惚れさせたら後は楽勝です

風俗業界で働いている人達はよくこのようなことを口にすることがあります。

「惚れられてなんぼの世界」

ナンバーワンの風俗嬢は本指名で来てくれるお客さんが多いわけですが、そのお客さん達は風俗嬢としてではなく一人の女性として惚れている人が多いのです。

そして女の子側にも惚れさせるのが上手な要素というのは何かしらあるのです。

お客さんから指名をずっと貰い続けたいというのであれば、お客さんと疑似恋愛すれば良いのです。

勿論、本気で付き合う必要はありません。

中には店外デートなどをしてお客さんの心を掴んでいる子もいますが、あくまでも店の中、そしてメールのやり取りだけで恋人気分を味わせるのがコツです。

心のキレイな風俗嬢はお客さんのことを騙しているようで心苦しいと言いますが、騙してなんぼの世界です。

名前も偽名を使っているわけですし、どちらにしてもお客さんを騙しているということです。

一度お客さんを完全に惚れさせてしまえば後は楽です。

ただし、ナンバーワンになるのは良いことばかりではありません。

本指名客が増えるということは、その中にあまり対応したくないお客さんも含まれることだってあるのです。

覚悟のある方だけナンバーワンを目指してみては如何でしょうか。

お客さんに一緒にいて楽しいということをアピールする

ナンバーワン風俗嬢になりたいならば、お客さんに癒しを与えつつ楽しませてあげることが大切です。

全てのお客さんに共通することですが、「一緒にいて楽しい」ということをお客さんにアピールすればお客さんも楽しんでくれます。

ナンバーワンを目指したければ、まずはお客さんを楽しませてリピーターを作ることです。

リピーターの作り方ですがも寂しさを求めている人は比較的獲得しやすいです。

中年なのに独身の人とか、結婚してるけど奥さんがドライの人とか。

このような人ですとお金を持ってて寂しさも兼ね備えているからリピーターになってくれる可能性が高いです。

エッチしながらお客さんの愚痴などを聞いてあげることも大切です。

愚痴に助言したりするのではなく「そうなんですか」「辛かったですね」と言ってあげるだけでもお客さんは救われます。

ナンバーワンの風俗嬢にはリピーター客が沢山いますが、必ずしも接客しやすいお客を抱えているというわけではありません。

面倒な人、合わない人もいたりします。

ナンバーワンでも良いことばかりではないということです。

人気になりたいなら、そんな自分が接客したくないようなお客さんに対してでも一緒にいるのが楽しいということをアピールして接客することが大切です。

1億円以上稼いだ人気風俗嬢がやってたあることとは

風俗嬢の中にはたった8年間で1億円以上稼いだ子もいるそうです。

普通の女性で8年で1億なんて稼げるものではないですよね。

よっぽど人気のある風俗嬢だったということでしょう。

その風俗嬢がやっていたあることがあります。

それは、ノートにお客さんとしたプレイを全て書き綴っていたそうです。

この風俗嬢に限らず人気の風俗嬢は、お客様ノートを自分で作ってる人は結構多いです。

面倒くさがり屋には出来ないと思いますが、人気を獲得する為には絶対に作って損はないでしょう。

沢山のお客さんを相手にしてると、その人がどんなお客さんだったのか忘れてしまうことがあります。

大体のお客さんはまず来店する前に電話で予約をしますが、その時に店のスタッフから「〇〇さんご指名されました」と女の子に伝わります。

女の子はお客さんと対面する前にノートを見返してどんなお客さんだったのか復習するのです。

記録するのとしないのとでは全然違います。

お客さんの好きなプレイ、前に話した会話の内容。

このようなことをしっかり覚えてればお客さんは喜んでどんどんリピートしてくれます。

お客さんにとって悲しいのは忘れられてしまうこと。

嬉しいのは覚えてくれていることだからです。